FC2ブログ
    蛇の目とそれ以外
    たぶんプラモとかバイクとかの話
    カーモデル英編
    ご無沙汰してます。

    先日フジミから素敵なモデルが発売されました、
    マクラーレンMP4-12C

    mp002.jpg

    蛇の目は無いけどユニオンジャックがいいね。

    個人的には狂喜したものの正直、国内で走っていないレーシングカーに需要があるのか謎でしたが。
    売れ行きは良好みたいです、かっこいいしね。

    mp005.jpg

    内容は割とパーツの多いボディーとパーツ数控えめのシャーシというバランスの良い構成。
    エンジンはほぼ一体で見える部分だけ、サスペンションは省略されて強度と組みやすさ優先というか
    タミヤのダイキャストシャーシーモデルに似た感じ。

    グリルのメッシュは一体成型ながら後でエッチングパーツが出るであろう切り取り線が。
    ついでにボンネット裏には耐久レース用の追加ライト用の切り取り線が。
    ということで今後のバリエーション展開にも期待大。

    インテリアは元々シンプル極まりない上に窓も小さく完成するとほとんど見えないから
    シートベルトなんか無くても気にならない。
    要はボディーだけに気合を入れればOKってことで、
    カナードなどデリケートな部分もあるのでカーモデル練習用にいいかも。
    実際そのつもりで素組みして一週間弱(うち休日2日)で完成。

    黄色はフィニッシャーズのディープイエロー、
    普段は英軍の主翼前縁の識別塗装に使ってる色なんだけど市販のカラーだとこれが一番近い色では?。

    写真はアルバムにまとめてみました、
    アルバムの使い方がいまいちわかんないんですがリンク貼ればいいんだろうか。
    アルバム:MP4-12C

    あと、プロフィール欄のfgへのリンクをTINAMIに変更しました。
    投稿してあるモデル的にはブログと被ってるのがほとんどですが。
    スポンサーサイト



    エアフィックス新金型より二点
    スジ彫りが太めで敬遠されるフシもある赤箱の新金型製品・・・実際組んで塗ってみたらどうなるんだ?という参考に。

    hw008.jpg

    hw012s.jpg

    まずはホーク120D

    銀/黒の引き締まった塗装はキットでは銀以外ほとんどデカールという仕様、
    ここは現実的に塗装とデカールの併用で仕上げた。

    全体を半ツヤクリアーでコートしてからインテイクなど部分的にツヤ有りクリアーを吹いてコンパウンドがけ。
    スジ彫りには一切スミ入れをしないのがポイント。

    shr001.jpg

    shr005.jpg

    shr006.jpg

    シーハリアーFRS.1

    こちらはデカールを貼り終えてから半ツヤクリアーでコートし、
    コンパウンドで磨いて仕上げ。

    こちらも上面はスミ入れ無し、白い部分のみグレーでスミ入れした。
    なかなか本物っぽいツヤになったと思うのと、
    スジ彫りの角が光ってうまい具合に線が見えてると思う。
    これは細いスジ彫りにスミ入れをするよりも自然じゃないだろうか?。

    もちろん色や素材(機体)にもよるだろうけど、
    ハイビジや暗い色のツヤ有りだと太いスジ彫りが効果的に使えそうだという気がしている。

    正直、パーツを見た時点での印象というのは塗装後には変わることもあるんだなと。
    合同展終了ー
    無事、一日だけながら合同展に展示できました。

    shs2012_000.jpg

    自分の同好会はネット上のコミュニティなので、当日初対面のメンバーがほとんど、
    参加した、というよりもお邪魔させてもらったという感じもする。
    展示物は以下のとおり。

    まずは作りおこしというか合同展用に作ったモノクローム1/32ソードフィッシュ シャーリィ号。
    shs2012_005.jpg

    ハセガワ1/48TA-4Jスカイホーク(複座)ハイビジ二機。
    「ダイヤモンド・ジュビリー」(青)と「バイセンテニアル」(白)
    ハセガワのスカイホークは出来が良くサイズも手頃で超お気に入り。
    shs2012_001.jpg

    レベル(旧マッチボックス製)1/76ルノーFT.17。
    小さい、しかも出来がいい、かなり旧いのに。
    shs2012_002.jpg

    タミヤ1/24プジョー307CCラリー。
    実は一年前、タミヤ本社のアウトレットで買ったもの。
    どうにも目立たないキャラだけどキットの出来はさすがのタミヤ。
    shs2012_003.jpg

    フジミ1/24ポルシェ911(997)GT3R初音ミク。
    出来は素晴らしいけどデカールは大変で組み立てにも一部工夫の要るキット、
    Z4と並んで会場ではあちこちで見かけた。
    shs2012_004.jpg

    ハセガワ1/32要求仕様S8/43ミツビシ案。
    見ての通り、英海軍航空隊(FAA)の謎機体。
    ファイアブランドの競作機らしいので雷撃戦闘機。
    shs2012_006.jpg


    そんなわけで、目標というか念願だった合同展の展示をはたして、
    来年は・・・とりあえず未定かな。

    ちょっと来年のことまで考えられないというか、いろいろ。
    次に展示イベントとして参加するのはハセガワのJMCで確定なんだけど。

    合同展で見て下さった方、ありがとうございました。
    はじめてのごうどうてん
    ぶろぐのこうしんはさぼってたけど、まにあったよ。

    sfs020.jpg

    予定通り日曜のみだけど参加ー。
    当日の服装ははたぶんハンチングっぽい帽子にウィッチーズイベントのTシャツ(オリーブドラブの)に、
    イギリス現用迷彩か、裏がピンクの黒いパーカーじゃないかと思うのでよろしくです。

    バイクで行く予定だったけど、先日のパンク二ヶ所で不安なので他所の車に同乗で行くことに。
    まあ、バイク単体じゃ荷物が運べないんでどのみち車は使うから荷物と一緒に自分も輸送される、と。

    ソードフィッシュ以外にもミクポルシェとかハイビジスカイホークを持って行くよ。

    あと1/32雷電。
    ぱっと見雷電が無い、と思ったら良く見てみるとそこにあるはず・・・。
    合同展まで一週間切ってた
    ダラダラしてたらもうこんな時期、でもソードフィッシュは間に合うようにはするよ。

    尾翼の文字はステンシルと想定して模型でもそのように施工してみる。
    sfs014.jpg

    ステンシル本体はこんな感じ、適当な文字をプリントアウトした紙を切り抜いただけ、
    テープで周りを固定し、テープで押さえられない部分はピットマルチで仮止め。
    sfs015.jpg

    こんな感じに、クッキリ出ていない部分は多少タッチアップして、
    ステンシルということで多少は汚くとも平気。
    sfs016.jpg

    上翼は三分割されているのでまずは中央を固定。
    sfs013.jpg

    そして左右を接着、完成すると思いのほかガッチリしたのでひと安心。
    sfs017.jpg

    合同展は今のところ日曜のみの参加で、
    合同展会場入口から近く、バンナムコンペ隣の
    サークル名「mixiみんなの模型製作日記」に居る予定。

    希望は午前中見て回って、午後から閉幕まではブースに居たり合同展を見て回ろうかな、という感じで。
    copyright © 2019 蛇の目とそれ以外 all rights reserved.
    Powered by FC2ブログ.